『オーシャンズ8』の感想とあらすじ豪華キャスト、そしてトリビア情報をご紹介!

2019年6月6日

ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ブラット・ピットなどのAクラスハリウッドスターが勢ぞろいした『オーシャンズ』シリーズは男性の窃盗団がラスベガスで厳戒なセキュリティを潜り抜けて宝石を盗み出すという壮大なコメディ映画でしたが、今回の最新作、『オーシャンズ8』はその女性版!

こちらもハリウッドのメガ大スター、サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイなどを揃えた、めちゃくちゃお金がかかった映画です。

映画の内容も男性版『オーシャンズ』に負けてない、スリリングでかつ豪華で面白い!

8人の女性窃盗団がニューヨークを舞台にして世界一のセキュリティをかいくぐってどんなハチャメチャな盗みをするのか?!

私は何と2度観ちゃいましたので、感想、あらすじ、そしてこの映画のあまり知られてないちょっとした秘密も最後に教えちゃいます!

『オーシャンズ8』作品情報

原題:Ocean’s 8

公開年:2018年

監督:ゲイリー・ロス

出演:サンドラ・ブロック(デビー・オーシャン)
ケイト・ブランシェット(ルー・ミラー)
アン・ハサウェイ(ダフネ・クルーガー)
リアーナ(ナインボール)
ミンディ・カリング(アミータ)
サラ・ポールソン(タミー)
オークワフィナ(コンスタンス)
ヘレナ・ボナム=カーター(ローズ・ワイル)

上映時間:110分

映倫区分:G (本当にだれでもOK!)

監督のゲイリー・ロスは、もちろん!あの男性窃盗団『オーシャンズ』シリーズを監督された方です。『オーシャンズ』シリーズは、『オーシャンズ11』『オーシャンズ12』『オーシャンズ13』と3シリーズ続きましたが、ジョージ・クルーニーが「人気のあるうちに止めるのが一番だ」と言ったとか言わないとか・・・それ以降の映画製作はないとされてきました。

また、『オーシャンズ』シリーズにずっと出演していたフランク役のバーニー・マックが突然亡くなられたことも影響したそうです。そうですよね。フランクなしの『オーシャンズ』シリーズはないだろうなぁ・・・と私も思います。

さて、今回の女性版『オーシャンズ8』は何がすごいかというと、そのキャスト!

めちゃくちゃ豪華なのですううう!!!!

『オーシャンズ8』あらすじ

あの強盗団“オーシャンズ”の司令塔ダニー・オーシャンの妹のデビー・オーシャンが、5年8ヶ月と12日間の刑期終了が間近というところからお話がスタートします。

仮出所前の刑務所のオフィサーとの面談では「地道に生きます。」と宣言するも、出所後はその舌の根も乾く前に次々と盗みを始める。

しかし、彼女にはもっともっと大きな野望が!世界規模のファッションの祭典「メットガラ」でハリウッド女優が身につけることになる1億5千万ドルの宝石を盗むこと。会場は防犯カメラの死角が一ミリもないという世界一のセキュリティが施されている。

この計画を実行するために、デビーは兄のダニー“オーシャンズ”がしたように、次々と窃盗のプロをスカウトし始める。しかし、実はデビーには宝石を盗むだけでなく、もっと他に大きな目的が・・・

©2018 Warner Bros. Pictures

『オーシャンズ8』キャスト

では、メインの出演者8人をご紹介します。

サンドラ・ブロック(司令塔:デビー・オーシャン)

『オーシャンズ8』の主人公デビー・オーシャンを演じるのは、ハリウッドで「隣人にしたい有名人ランキング」で1位になるほど誰からも好かれ、かつ一番稼ぐ女優に登りつめたサンドラ・ブロック。

1994年のキアヌ・リーブスの相手役として『スピード』に出演して一躍人気者になったのは皆さんご存知かもしれません。

その後、ラブコメをやらせたらヒット間違いなしの女優になり2009年公開の『あなたは私のムコになる』ではライアン・レイノルドを相手に大ヒット、同年に公開された『しあわせの隠れ場所』では、ガラリとイメージを変えシリアスな役に挑戦し、2010年にアカデミー賞主演女優賞、そしてゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞しました。

今回の映画では『オーシャンズ』シリーズでジョージ・クルーニーが演じたダニー・オーシャンの妹で女だけの窃盗団8人の司令塔という設定。

ケイト・ブランシェット(デビーの右腕:ルー・ミラー)

デビー・オーシャンの右腕で頭がめちゃくちゃいい親友のルー・ミラーを演じるのはケイト・ブランシェット。

オーストラリア出身で1998年公開の『エリザベス』でエリザベス1世を演じゴールデングローブ賞の主演女優賞を受賞し、一躍トップクラスの女優さんに。その他に有名な作品はブラット・ピットと共演した『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』『ロード・オブ・ザ・リング』など。

アン・ハサウェイ(ハリウッド女優:ダフネ・クルーガー)

強盗団のターゲットとなるハリウッド女優、ダフネ・クルーガーを演じるのはアン・ハサウェイ。

で、なぜ彼女も『オーシャンズ8』の8人に入ってるのか??は・・・・ネタバレになるので、ここでは言いません。

アン・ハサウェイの代表作は、『プラダを着た悪魔』でメリル・ストリープが演じる「ヴォーグ」の鬼編集長のアシスタントを演じ、若い女性ファンの人気を一気に獲得、ラブコメも出来る女優さんとして認められた感があります。この『プラダを着た悪魔』では、『メンタリスト』のサイモン・ベーカーと良い仲になるシーンもあって、サイモン・ベーカーのかっこ良さとアンの可愛らしさに胸キュンしちゃいます。

2012年の『レ・ミゼラブル』の舞台ではファンティーヌを演じ、アカデミー賞助演女優賞を受賞またゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞し、人気だけでなく実力もあるハリウッド女優として一目置かれるようになります。

リアーナ(ハッカー:ナインボール)

ナインボールはニックネームで話の中では彼女は本名はもちろん自分のことを語らないミステリアスな部分を持っている天才コンピューターセキュリティハッカー、という役どころ。そのナインボールを演じるのは、バルバドス出身のシンガーソングライターのリアーナ。

16歳の頃にデビューして以来、14曲が全米で1位を獲得しヒットを出し続けてますが、スタイル&ルックスの良さからモデルや女優活動もし好調でしたが、2009年に当時恋人だったクリス・ブラウンに暴行を受け、顔が腫れあがったリアーナの写真がリークされたことから大事件となり、リアーナはツアーをキャンセル、クリスはCMを降板するなど他方にも多大な影響を及ぼしました。

ミンディ・カリング(宝石職人:アミータ )

天才的な宝石職人、アミータを演じたミンディ・カリングは、アメリカのコメディアン&女優さんで有名な作品は『ザ・オフィス』と2012年から2017年にFoxで放送された『The Mindy Project 』で一躍有名になりました。

サラ・ポールソン(タミー )

タミーは、アメリカ郊外に住む一見普通の子持ち主婦。しかし、彼女はかつて盗品を闇市場で売買するプロだった。今回の1億5千万円相当の宝石を売りさばく為にデビーから説得されてエイトの一人に。

そんなタミーを演じたのは、『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』で検察官、マーシャ・クラークを演じ、エミー賞主演女優賞、ゴールデングローブ賞女優賞を受賞。

最近では、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』でトム・ハンクス演じるベン・ブラッドリーの妻役を好演。

プライベートでは、レズビアンを公言し、現在は32歳も年上の女優のホランド・テイラーと交際を公にして話題に。

ヘレナ・ボナム=カーター(落ち目のデザイナー:ローズ・ワイル)

今は借金を抱えた落ち目の有名服飾デザイナーだが、人脈だけはまだ健在。そこにデビーが目をつけ、なんとか女優のダフネ・クルーガーにネックレスを身につけさせる作戦を実行するためにローズをスカウトし、エイトのメンバーに。

出ました!大御所のヘレナ・ボナム=カーター!私の大好きな女優さんの一人でエキセントリック感が半端ないです。

あの『チャーリーとチョコレート工場』や『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』、『アリス・イン・ワンダーランド』の監督で有名なティム・バートンの奥さんでもあり、彼の作品にも多々出演しています。

本作品は、彼女のそのエキセントリックな存在感がスパイスになって更に魅力的になったと思います!

オークワフィナ(スリ師:コンスタンス )

デビーの宝石強奪計画には、スリ師が必要不可欠。そこで、街中で目にもとまらぬ早さでスリをするコンスタントをエイトにスカウト。

実は私はオークワフィナを知りませんでしたが、現在アメリカで放映されているラブコメ『クレイジー・リッチ!』に出演していて、アメリカのティーンの間では大人気のラッパーだそうです。

本作に出演することになった経緯は、本作品の脚本家オリビア・ミルチが過去に監督していた作品に彼女が出演していたことがあり、コンスタンス役に大抜擢された、ということです。

『オーシャンズ8』感想

『オーシャンズ8』はもちろん、女友達2人と観に行きました。私の夫は、はなっから行く気なし。

しかし、私は思いっきり楽しめました!

『オーシャンズ』シーリーズとの比較はどうしても避けられないのかな、という気はしますが、やはり男性版と比べると華やかさがありますし、随所に女子が喜ぶ要素が詰まっている!

これは、まさにいわゆる「ポップコーン映画」です♪ さらっ、と老若男女誰もが楽しめちゃう映画で、実際に私が行った映画館内の観客もティーンのお孫さんと来ている老夫婦や若いカップルなど幅広い世代でした。

なので、シリアスな真剣な要素を期待される方には向きません。と言うのは、やはり、窃盗団の「必死さ」がないので、リアリティ感に欠ける、という点は否めません。

でも、女子でパジャマパーティをする時や、まだ付き合いだしたばかりのカップルが観るにはおススメの映画で~す☆

『オーシャンズ8』トリビア情報

本作品では、数え切れないくらいの有名セレブたちがカメオ出演してますので、ウィーリーを探せじゃないけど、リアル有名人を探し出すのも楽しみの一つ。例えば、「ヴォーグ」の有名編集長アナ・ウィンター、トム・クルーズの元妻ケィテイ・ホームズ、リアリティショーの女王キム・カーダシアン、テニス選手のマリア・シャラポバ、セリーナ・ウィリアムズ等々。